新着情報・トピックス・最新の受給事例

あなたの「働きたい!」を当センターが応援いたします

  当センターではあなたの「働きたい!」という気持ちをサポートいたします。 面談後、ご希望にあった就労支援センターをご紹介いたします。 詳しくは当センターにお問い合わせ下さい。
続きを読む >>

バラリアンアート様と連携をいたしました

  (クリックでページに飛びます) バラリアンアート様と連携をいたしました。 詳しくはコチラをご覧ください。   掲載内容 パラリンアートは社労士事務所と提携し、障がい年金の相談サービスを開始しました。 障がい年金についてどれくらいご存知ですか? この度、パラリンアートは木脇社会保険労務士事務所と提携し、障がい年金に関する相談から申請までトータルサポートを
続きを読む >>

障害年金の申請ってどうやるの?

障害年金を請求するにあたっては、 複数の必要書類を準備して、役所に提出しなければなりません。 煩雑な作業のため、かなりの労力を要します。 ご自身で準備をすることが困難な方や、 提出書類について万全を期したいという方のために、 当センターが書類作成・提出の代行を請け負っております。 申請の流れはこちらからご確認ください。 お電話でのご相談もお待ちしており
続きを読む >>

働きながら障害年金はもらえるの?

これは障害年金のご相談で多くの方から受ける質問ですが、 基本的に働いていても「障害の認定基準」を満たせば障害年金は受給することができます。 事実、国のデータでも65歳未満の障害年金受給者のうち、 3割以上の方が障害年金を受給しながら働いているとされています。 ところが昨今とりわけ精神障害の場合、 就労の有無によって判定が大きく左右されるようになり、 未就労の場合に
続きを読む >>

障害年金の額はいくら?ずっと受けられるの?

障害年金は1階部分が国民年金(基礎年金)で1級と2級のみ、 2階部分が厚生年金または共済年金で1級から3級まで、 さらにこれよりも軽微な障害の場合の一時金として障害手当金があります。 金額については、こちらをご覧ください。 例えば、40代後半男性(元会社員)で妻(40代)と子2人(15歳と12歳)の4人暮らしの場合の年金額の目安は、 障害基礎年金2級   約78万円+約44万円(
続きを読む >>

がんによる受給事例

Sさんのお兄さんから、「Sが癌だが、障害年金は癌でも受給できるのか?」 と連絡がありました。Sさんは、乳がんで、症状として両手のしびれ・呼吸困難・腰痛 などがみられていました。 また、Sさんは左乳房に腫瘤房があったため切除術を施術しました。 その後、抗がん剤の投与と放射線療法実施を行っていましたが、 骨に転移が判明してしまいました。 障害年金の受給の可能性が高いことがわかりました。 また、条件とし
続きを読む >>

肢体の障害による受給事例

Mさんは10年前にパーキンソン病を発病、現在まで徐々に進行し、 昨年8月に身体障害者手帳4級を取得しました。ご連絡いただいた際 「パーキンソン病を患ったが、障害厚生年金は受給できないでしょうか。」 というご相談でした。 パーキンソン病は、肢体の機能障害で、年金の請求ができます。 パーキンソン病は中枢神経系の疾病です。 注意しなければいけないのは筋力や四肢関節運動領域の障害をみる のではなく、痙直、
続きを読む >>

精神疾患による受給事例

Hさんの母は、長年つづけてきたパートと家庭の両方で、常に働きまわっていたそうです。10年前から、感情の起伏が激しくなったり、衝動的な行動が増え、とうとう家族以外の人と話すことにも度々恐怖心を見せるようになり、Hさんが精神病院へ連れて行き、通うことになりました。 精神病院では情緒不安定性人格障害と診断されました。診断書をもらうにしても、 症状の起伏が激しいために症状が見えづらく、担当の医者も苦労した
続きを読む >>

心疾患による受給事例

梗塞後狭心症  Dさんは、20年前に狭心症を患い、15年前にバイパス手術を実施しました。10年以上の社会的治癒があった後、約5年前に再び狭心症が再発し、再度バイパス手術をして、現在に至っているというご相談を受けました。医師から診断書を頂いたところ、「現在は軽微ではあるがいつ何時心不全をきたすか予知できないため、日常生活においても注意が必要であり、日常生活に著しい支障をきたしているため、労働できる
続きを読む >>

障害年金の受給要件は?

質問 障害年金の受給要件について教えてください。   答え 障害年金を受給するには以下の要件を満たさなくてはなりません。 ○初めて医療機関に行った日(初診日)に国民年金、厚生年金または共済年金に加入していること山藤様が初診日に加入していたのは、国民年金なら障害基礎年金、厚生年金であれば、障害厚生年金、共済ならな障害共済年金の対象となります。○原則として初診日の前々月から遡って1年間に保険
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 03-5463-8124
障害年金 無料診断キャンペーン